【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し

【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し ヤマガラCOOLPIX B700 4K動画からの切り出し

NikonのCOOLPIX B700は、4K動画から静止画を切り出すことができる。今回は、「4K動画からの切り出し」をしばらく使ってみた感想をかいてみよう。

4K動画からの切り出し その1はこちら

COOLPIX B700で、4K動画&4K動画からの切り出しをやってみた
NikonのCOOLPIX B700を購入してしばらく経つが、今日ははじめて4K動画を使ってみた。 ついでに「4K動画から静止画の切り...

スポンサーリンク

4K動画から静止画の切り出し

B700で4K動画から静止画を切り出すときは、カメラ本体で行う必要がある。

手順は次の通りだ。

  1. ・撮った動画を再生し、切り出したいところで一時停止。
  2. ・コマ送りをして、ベストなところで切り取り

といった形で切り出すことができる。動画の中から最適なシーンを選べるので、非常に便利だ。

【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し ツグミ

しばらく使ってみた感じでは、やや荒削りな部分があるものの、これからの進化がたのしみな機能だ。

ツボにはまったときは、通常の撮影(単写や連写)に近いクオリティーの画を切り出すことができる。が、切り出せるのはフレーム単位なので、「少し大ざっぱかな」と思うこともあった。

【COOLPIX B700】4K動画から静止画の切り出し ツグミだが、切り出しをカメラ本体で行えるのは、非常にいいことだ。専用のソフトを使わずとも、かんたん操作で切り出すことができる。

特に便利なのは、手ぶれでの失敗を気にしなくてもいいということだ。単写や連写と違って「その瞬間」を撮る必要がないので、気楽に撮ることができる。

欲をいえば、作業中に拡大することができればベストだが、さすがにそれはぜいたくだろう。

今回の写真はすべて4K動画から切り出した静止画だ。

いちばん上がヤマガラで、2枚目と3枚目がツグミだ。ヤマガラは、木にとまってつつくポイントを探しているところを切り出してみた。

ツグミはこの秋、帰ってきたばかりのところを撮ったものだ。曇り空なのが残念なところだが、ツグミが帰ってきた記念に撮ってみた。

\ COOLPIX B700 こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 連写の設定方法
今回は、COOLPIX B700の連写の設定方法について書いてみよう。 画質を保ちつつ、どのモードでも使える連写は次の通り。 ...
COOLPIX B700 レビューその9 ~B700で昆虫を撮る2~
前回の記事にひきつづき、COOLPIX B700の望遠側を使った昆虫撮影についてみていこう。 B700は、光学ズームで焦点距離1440...
COOLPIX B700でコゲラを撮る
コゲラがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。 体長15cmほどの小さなキツツキである。 B700でコゲラを撮る コゲラ...
スポンサーリンク