COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その1 ~ボケについて~

COOLPIX B700を「手軽に使える一眼」として検討している人も多いのではないだろうか。

一眼レフと同様のモードを持ち、レンズ交換なしでクローズアップから超望遠まで撮れる、2000万画素以上の画素数・・・これだけみれば「一眼レフを買うよりお得」な印象だ。

さて、実際のところはどうなのか、これから数回にわけて検証していこう。

スポンサーリンク

B700のボケ具合

「一眼に期待するもの」として、多くの人が挙げるのが「画質」と「ボケ」だろう。

画質に関しては総合して検証するとして、今回はB700のボケ(背景のボケ)についてみていこう。

B700はシーンによってはボケるが、基本的にはボケにくいと考えておこう。

COOLPIX B700 背景ボケ 作例条件があえばそれなりにボケるが、「一眼らしい」と多くの人が感じるような「とろけるようなボケ」や「ボケ具合をコントロールして撮る」といったことは、少し難しい。

B700はどんな感じでボケる?

実際に撮った写真を例に、B700のボケ(背景のボケ具合)をみていこう。

COOLPIX B700 ボケ具合まずはこの1枚。「背景をぼかして鳥を際立たせたい」ところだが、このポジションからだとB700ではこれが目一杯だ(背景がすぐ近くに見えるが、これは望遠レンズの圧縮効果によるものだ。実際はけっこうな距離がある)

こうしたシーンで背景をぼかしたい場合、自分のポジションやアングルを変えるなどして、ボケる条件をつくる必要がある。

COOLPIX B700のボケは条件つき先ほどよりも背景がずいぶんとボケた1枚。欲を言えばもう少しぼかせるといいが、このシーンではこれが目一杯だ。

別の写真をみてみよう。

COOLPIX B700 背景が明るい場合のボケこちらはニホンカナヘビの子供だ。写真では大きく見えるが、実物は小指ほどもない、とても小さな子だった。

背景のきみどりになっているところは、草むらだ。このケースも、ポジション・アングルによって背景のボケ具合がずいぶんと変わる。

B700は基本的に「ボケにくい」カメラなので、背景をぼかすのには工夫が必要になる。条件にも左右されるので、「ボケ具合をコントロールする、意図してぼかす」といったことは非常に難しい。

COOLPIX B700 レビューその1 ファーストインプレッション
Nikonのネオ一眼「COOLPIX B700」を買ってみた。前々から興味があった超望遠コンデジだが、使ってみて驚いた。これは面白い! ...

まとめ

B700は一台で様々なことができるが、「手軽にぼかしたい」「ボケをたのしみたい」という用途なら、デジタル一眼(一眼レフ、ミラーレス一眼)の圧勝だ。

次回は、「階調」についてみていこう。

COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。 ★前回の記事はこちら↓ ...

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその2 ~豆粒ぐらいにしか見えなかった鳥にチャレンジ~
前回にひきつづき、NikonのCOOLPIX B700のレポートをしていこう。 今回はくもりの日の夕方、肉眼では豆粒ぐらいにしか見えな...
COOLPIX B700で鳥以外も撮ってみる
COOLPIX B700を、鳥以外に使った例も紹介しよう。こちらはひょっこりと顔を出したニホンカナヘビの子供。小指ほどもない、本当に小さな子...

スポンサーリンク