COOLPIX B700で昆虫を撮る3

COOLPIX B700で昆虫を撮る ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハというチョウチョがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。

ちょっとユニークな表情で、なんだかこっちを見ているようだ。

B700は、光学60倍ズームを搭載している。これだけのズーム性能があると、つい遠くのものばかりを撮りたくなるが、身近な昆虫を撮るのもたのしいカメラだ。

スポンサーリンク

B700でクローズアップ撮影

COOLPIX B700 昆虫撮影 ヒメアカタテハ チョウチョこちらはヒメアカタテハが少し暗い場所にとまったところ。

特別な補正や加工はしていないが、チョウのとまった位置がよかったのだろう、面白い雰囲気になった1枚だ。

ボケの部分にはやや癖があるが、小さなチョウもクローズアップしてみると、不思議な世界観がたのしめる。

B700は離れたところから狙えるので、昆虫のいろいろな姿やポーズを撮ることができる。

COOLPIX B700 昆虫撮影 アカトンボ 倒立こちらはトンボの逆立ち写真。日差しが強い日に、トンボが体温調整のためにとる姿勢だ。「オベリスク姿勢」という名前がついている。

B700は再現できる明暗の幅が狭いので、日差しが強い日は苦労も多いが、そのあたりをどう工夫するかも面白いカメラだ。

COOLPIX B700で昆虫を撮る イトトンボこちらはイトトンボ。全長3cm前後の細くて小さいトンボだが、トリミングなしでも、このぐらいのサイズで撮ることができる。

写真としては、もう少し背景を整理したいところだったが、実はこの時、ワタクシはブヨ(ブユ、ブト)の集中砲火を食らっており、トータルで80箇所以上もかまれてしまった。

病院にいくハメになったのだが、もう少し背景を整理できていれば・・・と悔やむばかりである。

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその9 ~B700で昆虫を撮る2~
前回の記事にひきつづき、COOLPIX B700の望遠側を使った昆虫撮影についてみていこう。 B700は、光学ズームで焦点距離1440...
COOLPIX B700でコゲラを撮る
コゲラがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。 体長15cmほどの小さなキツツキである。 B700でコゲラを撮る コゲラ...
COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。 ★前回の記事はこちら↓ ...
スポンサーリンク