P900ではなくB700を選んだ理由

ニコンから出ている超望遠コンデジにB700P900がある。この2機種で悩んでいる人も多いのではないだろうか。

今回は、私が「なぜP900ではなくB700を選んだのか」を書いてみよう。

スポンサーリンク

B700とP900

まずはB700とP900、それぞれの特長を紹介しよう。どちらも高倍率ズームを搭載しているが、焦点距離が違う。

B700が光学ズームで1440mm相当までいけるのに対し、P900は2000mm相当までいける。つまり、P900のほうが遠くのものを撮れる。が、本体はかなり重くなる。

P900の主なスペックをみてみよう。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900

撮像素子 1/2.3型CMOS
有効画素数 1605万画素
焦点距離 24-2000mm
光学ズーム 83倍
F値 F2.8-6.5
撮影感度 標準ISO100~6400
最短撮影距離 標準50cm/マクロ1cm
シャッタースピード 1/4000~1秒
質量 約899g
RAW なし

※焦点距離は35mm判換算

続いて、B700の主なスペックをみてみよう。


Nikon COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素

撮像素子 1/2.3型CMOS
有効画素数 2029万画素
焦点距離 24-1440mm
光学ズーム 60倍
F値 F3.5-6.5
撮影感度 標準ISO100~3200
最短撮影距離 標準50cm/マクロ1cm
シャッタースピード 1/4000~1秒
質量 約570g
RAW あり

※焦点距離は35mm判換算

価格的にはP900のほうが高く、数字的にも魅力的なものが並んでいるが、B700もいい数字が並んでいる。B700はRAWが使えるが、P900はJPEG撮影のみだ。

どちらも1000mm以上、「超望遠の世界をたのしめるカメラ」。どう楽しみたいかで変わってくるだろう。

決め手は「重さ」だった


Nikon COOLPIX B700 光学60倍ズーム 2029万画素

私がB700を選ぶ決め手になったのは「重さ」だ。

私の中には「持ち歩いて撮りたい」という気持ちがあった。できれば三脚を使わずに、気ままに歩きまわりながら撮りたい―と思っていたのだ。

となれば、「重さ」が重要だ。B700が約570gなのに対し、P900は約899gある(どちらも電池とメモリーカードを含んだ重さ)。実際に持ってみると分かるが、P900はかなりずっしりとしている。サイズも一回り大きい。

2~3時間、持って歩きまわることを思うと、答えは1つだ。手にフィットする感じもB700のほうがいい印象だった。

COOLPIX B700 レビューその1 ファーストインプレッション
Nikonのネオ一眼「COOLPIX B700」を買ってみた。前々から興味があった超望遠コンデジだが、使ってみて驚いた。これは面白い! ...

まとめ

以上が、私がB700を選んだ理由だ。「三脚を使っての撮影」が前提であれば、結果は逆になったかもしれない。

「自分の用途」に合わせて買ったからだろう、私はB700を買って大変満足している。超望遠での撮影も1440mmで十分だと感じている。

スポンサーリンク