ソングポストでさえずるホオジロ

木の上でさえずるホオジロ B700で撮影外を歩いていると、同じ場所で鳴いている鳥をみることがある。

今回のホオジロがそうだ。この木の上が定位置のようで、よくここでさえずっている。いわゆる「ソングスポット」である。

スポンサーリンク

ホオジロのさえずり

さえずるのは基本的にオスで、メスへのアピールやなわばりの宣言といった意味があるそうだ。

さて、ホオジロがとまっているこの木だが、実際はかなり高い木だ。写真ではホオジロとわかるが、肉眼では「何かいる」程度にしかみえない状態だった。

肉眼では見えなかった鳥の姿が明らかになる―これが超望遠のおもしろいところだろう。COOLPIX B700ならはっきりとその姿をみることができる。

この日は、少し登れそうな場所を発見したので、ゆっくりと距離を縮めてみた。

ソングスポットでさえずるホオジロ B700で撮影先ほどよりもだいぶ近づくことができた。今回の写真はどちらも焦点距離1440mm相当(35mm判換算)で撮ったものだ。空にむかってさえずっているようだ。

それにしても、ずいぶんと細いところにとまっているものだ。枝というより、茎にとまっている感じだ。

【本日の鳥メモ】ホオジロ

スズメ目/ホオジロ科。全長16cmぐらい。眼の下に三角の白い部分があるのが特長。

\ こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その4 ~レリーズタイムラグについて~
COOLPIX B700と一眼レフの違いについて、これまでは「センサーサイズの違い」を中心に話をしてきたが、実はもう1つ大きな違いがある...
COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その3 ~ファインダーについて~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「ファインダー」についてみていこう。 B700はしくみは違う...

スポンサーリンク