K-70とCTE

K-70を使うたびに「面白いカメラだなあ」と感じている。

少し前の記事で、K-70について『基本的には「記憶色」寄りの画だと思うが、ややイラスト方向に転ぶような印象』と書いたが、まさにそんな感じ。実にユニークな画が撮れる。

もちろん実物と同じようにも撮れるのだが、せっかくのペンタックス機である。こうした「ならではの味」をたのしむのもアリだろう。

その「ならではの味」の1つに「CTE」がある。

K-70の画について
K-70での撮影をたのしんでいる。 初のペンタックス機ということもあり、まだまだカメラの癖をつかみながらの撮影だが、非常に面白い画が...
スポンサーリンク

CTE

CTEは、ホワイトバランスの項目で設定できるモードで「色合いの逆補正がかかる」というもの。

本来なら補正される色が、逆に強調される面白いモードだ。

シーンや光の加減にもよるが「自分では出せそうで出せない色合い」になる。

逆補正なので、場面によっては「やりすぎ感」が出てしまうこともあるが、非常に面白いモードだ。

K-70を買ってから、あひるばかり撮っている気がするが、こうしたモチーフだと「ややイラスト方向に転ぶ」画づくりが強調される印象だ。

 

スポンサーリンク