K-70の撮影可能枚数と予備バッテリー

K-70の撮影可能枚数と予備バッテリー先日、K-70で夢中になって撮っていたらバッテリー切れになってしまった。

フル充電していたこともあって油断していた。予備バッテリーを持っていなかったため、非常に悔しい思いをした。

スポンサーリンク

K-70の撮影可能枚数

K-70の撮影可能枚数はカタログでは「フラッシュ50%発光:約410枚、フラッシュ発光なし:約480枚」と書かれている。あくまでカタログ値、目安といったところだろう。

私の場合は、今のところ300枚台でバッテリーがなくなることが多い。液晶操作やライブビュー撮影を多用するからだろう。特に、設定の変更をよくするので、どうしても消費が速くなる。

これまで「300枚も撮れれば十分」と思っていたのだが、実際にバッテリー切れを経験すると、急に心もとない気がしてくるから不思議なものだ。

というわけで、予備バッテリーの購入を検討することにした。

予備バッテリーはどれがいい?

さて予備バッテリーだが、普通に考えれば「純正」で決まりだろう。


PENTAX 充電式リチウムイオンバッテリー D-LI109 39096

K-30やK-50と同じタイプのバッテリーだ。だが、予備バッテリーを選ぶ際にきまって私を迷わせるのは「互換バッテリー」の存在である。


NinoLite D-Li109 互換 バッテリー ペンタックス K-S1 K-S2 K-r K-30 K-50 対応 dli109_n_t.k.gai

互換バッテリーは当たりはずれが激しいが、だいたい1/3~1/4ほどの価格で買えるのが大きな魅力だ。中には純正品と同じぐらいもつものもある。

ただ、難しいのが選び方だ。そこそこ評判のいいものでも、製品の質にばらつきがあることがあり、実際に使ってみないとわからないところがある。

また、互換バッテリーの使用はあくまで自己責任だ。当たりをつかめば非常に大きいが、さてどうするべきか、非常に悩むところである。

\ こちらの記事もおすすめ! /

違いはラベルだけ!? K-70の互換バッテリーを買ってみた
K-70の予備バッテリーを購入した。純正も魅力だったが、チャレンジャーな私は互換バッテリーを買ってみた。 買ったのはこれである。 ...
スポンサーリンク