PENTAX K-70 ファーストインプレッション

PENTAX K-70 リバーサルフィルム 作例PENTAX K-70がいよいよ私の手元にきた。私にとって初のペンタックス機だ。

今回はファーストインプレッションと題して、K-70の使用感をレポートをしていこう。

さて、K-70だが、実機を見るのはこれが初めてだ。ボディを持ってみると、ペンタプリズムを搭載していることもあるのだろう、ややずっしりとした印象だ。

PENTAX K-70 緑色の発色撮りはじめて驚いたのは、緑色の描写だ。ペンタックスのカメラは緑が特徴的と聞いていたが、まさにその通り。地味な色をした葉っぱも、印象的な緑色になった。

記憶色よりもう一歩、イメージ側につっこんだ色とでも言おうか、非常に面白い色が出る。もちろん設定を変えれば「見たままの色」で撮ることもできるが、このPENTAXならではの色は非常に面白い。

スポンサーリンク

PENTAX K-70のスペック

さてここで、K-70の主なスペックをみてみよう。

撮像素子 APS-C
有効画素数 2424万画素
撮影感度 標準ISO100~102400
シャッタースピード 1/6000~30秒
連写撮影 6コマ/秒
ファインダー形式 ペンタプリズム
ファインダー視野率 100%
撮影枚数 ファインダー使用時 480枚
RAW 14bit
ローパスセレクター

ペンタックスでは「スタンダードクラス」という位置づけそうだが、スペック的には中級機~の性能を持っている。撮影機能も多彩で「機能全部盛り」ともいわれる機種である。

レンズは「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を購入した。レンズキットは買わず、ボディと単焦点レンズ1本という構成にした。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8 ファーストインプレッション
K-70と一緒に単焦点レンズ「smc PENTAX-DA 50mmF1.8」を買った。今回はファーストインプレッションと題して、使用感を...

まとめ

まず1日使ってみて感じたのは「非常に面白いカメラ」ということだ。設定できる項目が多く、自分好みの調整にするだけでもかなりたのしめそうだ。

くわしいポイントは追々レポートしていこう。

 

RYOTA

はれときどきカメラの中の人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。好きなものは洋画とフエキくん。

\ こちらの記事もおすすめ! /

K-70の電子ダイヤルをカスタマイズ
K-70の電子ダイヤルをカスタマイズしてみた。 【Avモードの電子ダイヤル】 ・前ダイヤル・・・露出補正 ・後ダ...
PENTAX K-70 ファーストインプレッション
PENTAX K-70がいよいよ私の手元にきた。私にとって初のペンタックス機だ。 今回はファーストインプレッションと題して、K-70の...
スポンサーリンク