どんな写真でも撮れるとうれしい

地域にもよるだろうが、私の住んでいるあたりではカワセミはわりとレアな鳥だ。

なかなか出会えない上に、人の気配を感じるとすぐに飛んでいってしまう。「遠くにいるのを発見できたらラッキー」という感覚だ。

カワセミ自体にはこれまでも何度か遭遇しているが、COOLPIX B700でめいっぱい、焦点距離1440mm(35mm判換算)にしても、かなり小さくしか撮ることができなかった。

が、先日、ついにカワセミをそれなりの大きさで撮ることができた。

構図的には全くほめられたものではないが(笑)、今まで撮った中ではいちばんマシな大きさになった。こんなショットでも撮れれば純粋にうれしい。

それにしても、B700を購入するまでは、カワセミは地元にはいないものとばかり思っていたのだが、注意してあちこちをみると、いる場所もあるではないか(笑)。

めったに出会えないことには変わりはないが、カワセミをみつけるとうれしい気持ちになる。いずれベストな表情で撮れることをのぞみたいものである。

\ COOLPIX B700 こちらの記事もおすすめ! /

COOLPIX B700 レビューその9 ~B700で昆虫を撮る2~
前回の記事にひきつづき、COOLPIX B700の望遠側を使った昆虫撮影についてみていこう。 B700は、光学ズームで焦点距離1440...
COOLPIX B700でコゲラを撮る
コゲラがいたので、COOLPIX B700で撮ってみた。 体長15cmほどの小さなキツツキである。 B700でコゲラを撮る コゲラ...
COOLPIX B700は一眼レフの代わりになる?その2 ~階調について~
COOLPIX B700は、一眼レフの代わりになるかどうか。今回は「階調」についてみていこう。 ★前回の記事はこちら↓ ...
スポンサーリンク