迷っているうちに、OM-D E-M10 Mark IIIが

ねんどろいど 艦これ 天津風故障したOM-D E-M5をどうするか迷っているうちに、OM-D E-M10 MarkⅢが発表になってしまった。

上の写真は、発表を知って煮え切らない表情の天津風ちゃんである。

OM-D E-M10 Mark IIIは、スペック的にはMark IIをベースに、

・フォーカスポイントが81点から121点に

・常用ISO感度の上限が6400(拡張は25600で同じ)に

といったあたりが目立った進化だろうか。有効画素数はMark IIと同じで1605万画素となる。

スポンサーリンク

主なスペック比較

主なスペックを比較してみよう。

商品名 E-M10 Mark II
E-M10 Mark III
発売時期 2015年9月 2017年9月
有効画素数 約1605万画素 約1605万画素
映像エンジン 4/3型Live MOS 4/3型Live MOS
常用感度 ISO100~1600
拡張:ISO25600
ISO100~6400
拡張:ISO25600
フォーカスポイント 81点 121点
手ぶれ補正 5軸 5軸
手ぶれ補正効果 4.0段 4.0段
シャッター速度 1/4000~60秒 1/4000~60秒
連写性能 8.5コマ/秒 8.6コマ/秒
ファインダー視野率 100% 100%
ファインダー倍率 1.23倍 1.23倍
RAW 12bit 12bit
質量(本体のみ) 約351g 約362g
撮影枚数(約) 320枚
330枚

こうしてみると、まさに正統進化といったところだが、オリンパスユーザーとしてはもう少し「おお!」と思わせるところがあってもよかったかなあという気もする。

スペックをあまり気にしない私でもそうなのだから、期待していた人たちはなおさらだろう。

まとめ

が、見方を変えれば、ベースになるだけのものがMark IIにあったとも言える。

エントリークラスでこれほどのスペックなのだ。これ以上何を求めるのかという気もする。初代E-M5からなら、どちらを買っても幸せになれそうだ。

E-M5が故障。修理か買い替えか
OM-D E-M5が故障してしまった。 スローシャッター中に電源が落ちてから、何をしても動作しなくなってしまった。電池を入れ替えたり、...
スポンサーリンク