今、K-50を買うのはアリなのか

どうするK-50今、PENTAXのK-50を買うのはアリなのか。このところそんなことを考えている。

2013年発売と少し前のカメラになるが、写りも私好みで中古の価格も手ごろ。2ダイヤルでハイパー操作もできる。「お試し」には最適な機種に思える。

スポンサーリンク

K-50の主な仕様

というわけで、K-50の主な仕様をみてみよう。

撮像素子 APS-C
有効画素数 1628万画素
撮影感度 標準ISO100~51200
シャッタースピード 1/6000~30秒
連写撮影 6コマ/秒
ファインダー形式 ペンタプリズム
ファインダー視野率 100%
撮影枚数 ファインダー使用時 1250枚
RAW 12bit
電池タイプ 単3×4本(専用バッテリーも可)

最近の機種に比べると画素数は控えめだが、全体のスペックはいい感じだ。

乾電池が使えるのもおもしろいところだ。専用バッテリーも使えるが別売りなので、購入するとしたら乾電池での使用がメインになりそうだ。

非常に魅力的なカメラだが、故障報告の多さが気になるところだ。

絞り制御ブロックの故障

ネットでみると、K-50・K-30の故障報告はかなり多い。

すべてのユーザーが使用状況を報告するわけではないので、ネットでの情報はあくまで「参考程度」といったところだろうが、それでもやや気になる数である。

その大部分が「絞り制御ブロック」の故障で、症状も同様のものが多い。真っ黒な写真になることから「黒死病」と呼ぶ人もいる。

必ずそうなる、というわけではないだろうが、中古で買う場合は気にしておいたほうがいいかもしれない。

まとめ

ただ、そうした点を踏まえても、K-50が魅力的なカメラであることは間違いない。現在の中古価格を考えれば、十分すぎるぐらいにたのしめそうなカメラである。

RYOTA

はれときどきカメラの中の人。気軽に持ち歩けるカメラがお気に入り。好きなものは洋画とフエキくん。

\ こちらの記事もおすすめ! /

今、K-50を買うのはアリなのか
今、PENTAXのK-50を買うのはアリなのか。このところそんなことを考えている。 2013年発売と少し前のカメラになるが、写りも私好...
気になるPENTAX
前々からPENTAXのカメラが気になっていたのだが、ここに来て本格的に欲しくなってしまった。 きっかけはK-5である。たまたま中古カメ...
スポンサーリンク